戦争の痕跡をお見せし、その資金の一部をウクライナ軍に寄付します

   +38 096 362 11 25 (WhatsApp、Viber、テレグラム)

ブログウクライナを訪問発見されたロシア製無人機の展示「空からの脅威」

発見されたロシア製無人機の展示「空からの脅威」

第二次世界大戦中のウクライナ国立歴史博物館に足を踏み入れたとき、私は、進化する戦争の様相という厳しい現実を描いた奥深い展示に没頭していることに気づきました。 「上からの脅威」と題されたこの展示は、精密技術が紛争の天秤を傾けた、恐るべき敵とのウクライナの戦いをゾッとするような描写であった。

この展示物は、戦争の新たな時代の始まりを示す記念碑的なロシアのウクライナ侵攻を生き生きと紹介した。これは、現在、高精度テクノロジーが戦場での完全な数的戦力を支配していることを浮き彫りにしました。私が最も衝撃を受けたのは、ウクライナの比類のない海軍能力にもかかわらず、ウクライナが無人機を戦略的に利用し、敵対する黒海艦隊の膨大な海上および潜水艦兵器に事実上脅威を与えていることであった。

前のスライド
次のスライド

物語はさらに深く掘り下げられ、敵対国の重要な輸出品であるロシアの資産であるT-90戦車とS-400「トライアンフ」対空ミサイルシステムの戦場での破壊を描いた。これは、これらの行動がロシアの軍事力を弱体化させるだけでなく、経済的拠点をいかに揺るがせたかを証明するものであった。

しかし、ウクライナの回復力のさなか、展示は厳しい現実を浮き彫りにした。敵もまた迅速に適応したのだ。 2022年9月に前線沿いで初めて発見されたイラン製の特攻無人機の出現と、その後のロシア軍によるシャヘド無人航空機の配備は、キエフ中心部を含むウクライナのインフラや都市を標的としており、ぞっとするような光景を描いた。この年には、侵略者によって 2,000 機以上の特攻無人機がウクライナに放たれました。

しかし、この逆境のさなか、同盟国の支援、懸念する世界市民からの寄付、そして自国の製造能力のおかげで、この対立におけるウクライナの勝利は目に見えて見えた。それでも、敵は大きな経済的潜在力を保持しており、あらゆるタイプの無人航空機の拡散は危険を増大させました。

展示では、ロシア侵略者が偵察や地上攻撃に使用した一連の無人航空機が展示され、これらの敵対的な無人機がウクライナ国防軍や民間建造物にもたらす差し迫った危険を強調した。これは警告と行動喚起の両方であり、特に無人航空機がますます重要な役割を果たしているこれらの脅威を検知し無力化するための最先端の手段をウクライナの守備隊に提供することを支援する緊急性を強調した。

この展覧会を訪れることは、単なる歴史資料を巡るツアーではありませんでした。それは、現在進行中の紛争の厳しい現実を身近に感じさせる、目を見張るような体験でした。これは、この紛争の多面的な側面について訪問者を教育し、啓蒙する必要性を痛切に思い出させるものです。外国人にロシア侵略の証拠を垣間見ることを提供するウォーツアーズプラットフォームは、世界的な認識と現実のギャップを埋める重要な取り組みとして機能する。

この展示は、ウクライナの揺るぎない回復力と、現代の戦争の進化する課題に立ち向かう上での世界的な団結の重要性を力強く証明するものとなっている。これは耳を傾け、理解し、行動に移す必要がある物語であり、自国の主権のためだけでなく、普遍的な共感を呼ぶ平和と自由の原則のために戦う国家を支持するよう私たち全員に促しています。

前のスライド
次のスライド
フェイスブック
ツイッター
リンクトイン